眼科手術をトータルにできる眼科クリニック「清瀬えのき眼科」住所:〒204-0011東京都清瀬市下清戸5-858-2 電話:042-491-7766

042-491-7766
気になる目の症状と治療 診療受付
えのき眼科
目の病気について > 視神経の病気
> 目の病気について > 視神経の病気

[ ご注意 ]
ここでのアドバイスは限られた情報だけで行うものであり、診療行為ではありません。
これらによって生じる不利益については当方では一切責任を負う事はできません。
異常がある時は必ず眼科専門医を受診してください。

眼の断面図

視神経の病気

緑内障

目の病気 緑内障

現在の日本で、見えないことを理由として障害者手帳をお持ちの方の原因第1位が緑内障です。眼の中に入ってきた光をとらえる網膜は、その情報を「視神経」を伝って脳へ送ります。その視神経が眼圧(目が膨らむ圧力)のせいで傷んでくる病気が緑内障です。視神経は約150万本の線維の束なのですが、その半数が傷んでくると視野検査で異常が出てくるといわれています。逆に言うと、視野検査で異常が出ている緑内障の方は、すでに半分以上の視神経線維が傷んでしまっているということです。視神経は脳からつながった神経なので、現在の医療技術では回復させることができません。そのため、緑内障は早期に発見し、進行予防の治療を始めていくことがきわめて重要です。

眼圧を下げることで緑内障の進行を予防できることがわかっているので、治療は点眼・内服・手術を組み合わせて眼圧を下げていきます。通常は点眼が一番副作用が少ないため、まず点眼から開始し、それでもダメなら内服、手術を追加します。この病気は自覚症状が少ないため、ご自身で危機感を持って治療に取り組まないと日々の点眼を忘れてしまう方が多いです。途中で治療中断していた方が再診されたときに話を伺うと、面倒くさいから、忙しい、効いてるのかよくわからない、目薬をさすと充血するから、などいろいろ理由は出てくるのですが、病気が進行してから困るのは自分自身です。治療中の方はくれぐれも注意しましょう。
お問い合わせはコチラ-詳しい内容など、お気軽にお問い合わせください-
清瀬えのき眼科 外観
清瀬えのき眼科

〒204-0011
東京都清瀬市下清戸5-858-2
042-491-7766
[ 診療受付 ] 午前9〜12時 午後3〜6時
[ 休診日 ] 水・日・祝

えのき眼科
© 2014-2018 清瀬えのき眼科